アルファードのウォッシャー液が出てこない原因と修理費用

この故障が出たら車を買い替えた方が良い?それとも直すのが賢明?

フロントガラスがかなり汚れていたり、凍っていたりした時はとりあえずウォッシャーで綺麗にしてみる。しかし、あまり使わないので、必要なときにウォッシャー液が出てこない事もある。平成21年のトヨタ アルファード AHR20 8000km

特にリヤガラスのウォッシャーは経路が長く、ほとんど使わないので、10秒ほどリヤウォッシャースイッチを押し続けなければ出てこない。この事はあまり有名ではないが、よく故障と間違える人が多い。

フロントガラスのウォッシャーは通常すぐ出るので、遅ければ故障しているか、ノズルのつまり。※液が入ってる事は大前提。ノズルとはボンネットに付いてるウォッシャー液が出るところ。あまり知られていないが、ウォッシャーが出ないだけで整備不良となり車検に受からない。車を手放す時の買取査定にはさすがに影響が出ない箇所。

ノズル

ノズルが詰まっている場合、ウォッシャースイッチを入れるとノズル付近に泡がでたり、どこか1つはウォッシャー液が出るはず。その場合は細い針で出口を刺して綺麗にすれば直る。

1つも出ない場合はウォッシャースイッチかモーターの故障。時々、経路のホースが抜けてる場合もあるが、その時は車の下に水が大量に出てくる。

ハンドル左のワイパーレバーを手前に引くとフロントのウォッシャーとワイパーが同時に動く。今回はワイパーだけは動いたので、レバー(スイッチ)とヒューズは正常と判断。

ノア

ウォッシャースイッチを入れてウォッシャータンクの下についてるモーターの電圧を計ると12Vあるので、モーターの故障で間違いない。交換は簡単で、右前輪の前にあるフェンダーライナーの止めクリップを数個外して、めくるとウォッシャータンクが目の前に見える。

アルファード

下にモーターが2つ付いてるが、右がフロントのウォッシャーモーターで、左がリヤのウォッシャーモーター。ウォッシャーは走行中でも簡易的にフロントガラスを綺麗に出来るので、出ないと不便な時がある。

ウォッシャーが出ないと車検も通らないので、もし出ないようなら早めに直した方がよい。

アルファード

 

アルファードのウォッシャーが出ない原因と修理費用まとめ

平成21年式 型式AHR20 走行80000KM
メーカー 車種トヨタ アルファード
症状

ウォッシャー液が出ない

正常なら右前からウィーンといったモーター音。壊れてると無音。
臭い
なし
振動 
なし
原因
放置しすぎで内部固着する
作業内容フロント右のフェンダーライナーのクリップを数個はずしてめくる。ウォッシャーモーターはビス留めなどなく、タンクに刺さってるだけなので、手前に引っ張って外す。右前タイヤを外すとやりやすい。
作業難易度簡単 タイヤを外せばかなり楽。素人でも出来る。
修理代
モーター3500円、工賃2000円、ウォッシャー液100円、合計5600円
後の支障
ウォッシャー液が出ずにワイパーだけ動くので、ワイパーゴムがボロボロになる
車買替レベル 

不要  軽い故障なので買い替えの必要なし