エスティマの電動スライドドアが動かない原因と修理費用

この故障が出たら車を買い替えた方が良い?それとも直すのが賢明?

電動スライドドアはドアノブを引くとスライドドアが自動で開閉する。それが途中で止まったり、閉まってる途中で反転して開いてしまったりなどの症状は、ほとんどがパワーモーター(電動スライドドアモーター)の故障。平成21年 トヨタ エスティマ AHR20W 10万km

この手のミニバンの買取査定をする時は必ずといっていいほど、最初に査定検査するほど、お決まりの故障。車検の時についでに修理見積もりを頼まれる事も多いが、ほとんどのお客様は直さずに手動に切り替えて使っている。

エスティマ

電動スライドドアが最初から動かないとなると、モーターではなく、スイッチやラッチセンサーなど、スライドドアモーター制御部品も考えられる。今回は途中まで動くので、挟み込み防止機能系統かモーターのどちらか。

ちなみに挟み込み防止機能は安全装置で、スライドドア先端のゴムモール内にタッチセンサーがあり、押すと挟み込みを感知して、スライドドアが開く。

※下の画像はスライドドアモーターとベルト。ベルトはタイミングベルトに似ていた。ベルトにシルバーのステーが取り付けられているが、ここがスライドドアに繋がり動く。

エスティマ

時々、スライドドアのレールやレール内のローラーが変形したり、ベアリングが壊れて、動きが悪い場合もあるが、そういった場合、まずはゴリゴリした異音が発生する。

※下の画像はスライドドアモーターを外したところ。スライドドアのローラーがドア側に残る。

エスティマ

レールに油を差して様子を見る事もあるが、一時的に直ってもすぐに再発する。タッチセンサーに触れていないのに、なぜ反転して開いてしまうのか不思議だったが、資料を見るとスライドドアモーター内部に速度センサーが内臓されており、閉まる速度が遅くなると反転するような仕組みになっていた。

エスティマ

エスティマのスライドドアはタッチセンサーに触れていなくても速度が遅くなれば、何かしらトラブルが発生していると判断させていた。エスティマのモーターは駆動するだけではなく、判定もしているのでスライドドアで不具合があった場合、このモーターが原因である可能性が高くなりやすい。

 

 

エスティマのスライドドアが動かない原因と修理費用まとめ

平成21年式 型式AHR20W 走行100000KM
メーカー 車種トヨタ エスティマ
症状スライドドアが閉まってる途中で止まる&開きだす
閉まっている時はピーピー音、開きだすと無音
臭い
なし
振動 
開閉時の途中で少しだけずれるような感じ
原因
使用回数及び、レールの汚れによる抵抗過多
作業内容ステップカバーを外し、スライドドアとボディを切り離す。スライドドアの一部が外れるのでジャッキなどで支える。カプラーとボルトをすべて外し、知恵の輪のように工夫しながら車外に出して、新品を同様にして入れる。スペースが狭いのでコツが必要。
作業難易度少し難しい とにかくボルトを全て外すだけの単純な仕組みだが、スライドドアの下部ローラー部分を最初に外しておかないと、かなり大変になる
修理代
スライドドアモーター12万円、工賃2万円 合計14万円
後の支障
他の箇所のスライドドアのローラーが故障しやすくなる
車買替レベル 

必要  修理費用がかなり高額になる事と、逆側のスライドドアも同様の故障が発生する可能性もあり、買い替えを少しでも考えているなら、この修理がいいタイミングとなる。