ステップワゴンが異音でエンジンがかからない原因と修理費用

セルモーター

[wp-svgicons icon="wrench" wrap="i"]異音でエンジンがかからない時は車を買い替えた方が良い?それとも直して車検?

ブレーキを踏んでスタートスイッチを押してもカチンといった音は出るがエンジンが回る気配がない。

何回か繰り返すとエンジンがかかるが、その時も「カシャ―ン」といった以前までしなかった異音が聞こえる。

平成23年 ステップワゴン 9万km。

 

「エンジンがかからない」だけならバッテリーも考えられるが、かかった後に異音出るなら別の箇所だと思う。

エンジンがかかった後に出る音はタペット音、メタル音、オルタネーター、エアコンコンプレッサー、セルモーターなど。

エアコンコンプレッサー

このステップワゴンはかかった後、異音はすぐに消えるので、メタル音、オルタネーター、エアコンコンプレッサーは関係なさそう。

残りはタペット音かセルモーター。

経年劣化したエンジンは始動時にエンジンオイルがエンジンの上の方を潤滑するのに時間がかかるので、タペット音は出ることがあるが、エンジンがかからないことはない。

ロッカーアーム

そうなるとセルモーターが怪しい。

しかもセルモーターはホンダ以外でも異音や故障が多い部品として有名。

「カチン」といってかからない症状もセルモーターの可能性が高い。

セルモーター

セルモーターが故障した症状によく似た症状でランクルではボルテージレギュレーターやキースイッチの故障もあったので、セルモーター入る電圧の確認と聴診器を当てて音も念のためチェック。

ランクル80

「カシャー」音はセルモーターから出ていた。

セルモーターの電圧も正常だったので、セルモーターを交換する。

新品だと高いので、修理再生部品のリビルトセルモーターに交換する。

セルモーターはエンジン後ろについている。

エンジンと車内の間なので、下から作業する。

セルモーターに太い配線(B端子と呼ぶ)が接続されているが、このB端子はエンジンを切っていても12Vがかかっているため、ボディに触れると凄まじくショートするので、最初に必ずバッテリーのマイナス端子を外す。

セルモーター

それから下に潜り、邪魔になりそうな配線などを外してセルモーターを交換する。

セルモーター

ドライブシャフトが邪魔になりそうだったが、外さずに作業が出来た。

セルモーター

リビルトのセルモーターはかなり静かな作動音だった。

これが正常な音。

セルモーター

セルモーターはエンジンがかかっているときは、歯車がエンジンと当たらないように引き下がっている。

エンジンをかける時だけ引き出てエンジンのフライホイールを直接回して、かかったら引き下がる仕組み。

https://flic.kr/p/2mLWYht

「カチン」音は歯車が伸びるが回転しない故障。

「カシャー」音は歯車の回転が止まらない音。

とにかくセルモーターの回転系統の故障だった。

 

異音がしてエンジンがかからない原因と修理費用まとめ

平成23年式 型式RK1 走行90000KM
メーカー 車種ホンダ ステップワゴン
症状異音&エンジンかからない
カシャー カチン
臭い
なし
振動 
なし
原因
セルモーターの故障
作業内容セルモーターの交換
作業難易度難しい 素人では難しい
修理代
セルモーター35000円 工賃8000円 合計43000円
後の支障
セルモーターに電気を使用するのでバッテリーが弱くなる
車買替レベル 

不要  比較的軽い故障なので買い替えを検討するほどではない