スペーシアのパワーウインドウが動かない原因と修理費用

パワーウインドウ

パワーウインドウが動かない時は車を買い替えた方が良い?それとも直して車検?

車内の空気が悪いような気がして外の空気を取り入れようと運転席側の窓ガラスを開けるとギギギといった異音がした。

驚いてパワーウインドウスイッチを上に押して閉めようとしたが、閉まらない。

ギギギといった異音はするがパワーウインドウが動かなくなってしまった。

スズキ スペーシア H27年、MK32S、5万km。

 

直して乗るようなら楽天車検のお得な使い方を参考にどうぞ。

 

異音と共にガラスが少しだけ上がろうとするが、止まってしまう。

明らかに中で故障しているような音。

ドアの内張りを分解して中身を確認してみる。

パワーウインドウレギュレーターのワイヤーが絡まって動かなくなっていた。

レギュレーター

パワーウインドウレギュレーターとはガラスを上下に動かすワイヤー付きのレールのこと。

レギュレーターにモーターを接続してワイヤーを巻き上げて上昇下降をさせる。

レギュレーターの故障はどの車でもよくある。

使用過程でモーターのクリアランスが大きくなったり、レギュレーターの樹脂部分が割れたりして動かなくなることが多い。

ワイヤー式ではなく、ハサミのような形状のレギュレーターもあるが、こちらも変形したりするので、意外と故障が多い。

スペーシアは比較的簡単に交換作業ができる。

まずビスを2本外し内張りを外す。

パワーウインドウ

ビニールでカバーされているので、めくる。

次にガラス下側がレギュレーターと繋がっているので2本のボルトを外す。

パワーウインドウ

 

ボルトを外すためのサービスホールがあるので、ワイヤーが絡まって動かなくても何とかサービスホールまでガラスを上下させなければならない。

パワーウインドウ

ワイヤータイプならニッパーで切ればいい。

 

次にスピーカー下に見えるパワーウインドウモーターのカプラーを外す。

パワーウインドウ

後はレギュレーターが止まっているボルト5本ほど外せば交換出来る。

パワーウインドウ

レギュレーターは長いので、斜めにしたり横にしたり工夫しながら取り外す。

パワーウインドウ

右の新品と交換して完成。

最後にパワーウインドウの初期設定をする。

パワーウインドウのリセットとも言うが、パワーウインドウには安全上、挟み込み防止機能がついている。

顔や首、手などが、万が一パワーウインドウガラスに挟まってもガラスが下降する仕組み。

パワーウインドウ初期設定
  1. エンジン始動
  2. 運転席側ウインドウスイッチ下げるボタンを押し続ける
  3. 1番下まで下がってからもまだ3秒間押し続ける
  4. 次にスイッチ上げるボタンを押し続ける
  5. 完全にウインドウが閉まっても3秒間押し続ける

以上で完成。

パワーウィンドウスイッチ

上の画像のAUTOと書かれたスイッチを操作する

 

AUTOのスイッチは2段階あり、スイッチを軽く押し上げると1度ひっかかる。

そこからもう少し押し上げると完全に閉まるまで自動で上がり続ける。

これがAUTOの動作。

初期設定をしないとこの作動がしなくなるので注意。

 

 スペーシアのガソリンが減る故障も参考にどうぞ。

 

パワーウインドウが動かない原因と修理費用まとめ

平成27年式 型式MK32S 走行50000KM
メーカー 車種スズキ スペーシア
症状運転席側のパワーウインドウが動かない
ギギギ、ガチャガチャ
臭い
なし
振動 
パワーウインドウスイッチ操作すると運転席ドアが揺れる
原因
各部の消耗からクリアランスが大きくなりワイヤーが絡まった
作業内容ドア内張りを外し、パワーウインドウレギュレーターとモーターのセットを交換
作業難易度少し難しい 素人では少し難しい
修理代
パワーウインドウレギュレーター25000円、工賃8000円、合計33000円
後の支障
パワーウインドウスイッチが弱くなる。ウインドウガラスが傷つく場合もあり。
車買替レベル 

不要  比較的軽い故障なので買い替えを検討するほどではない