タントのガタガタ音とブルブル振動する原因と修理費用

エンジンマウント

ガタガタ音とブルブル振動する故障が出たら車を買い替えた方が良い?それとも直すのが賢明?

シフトレバーがドライブかバックに入れたままアイドリングで停車していると前の方でガタガタやゴトゴトといった音がする。

振動も伝わってくるが、シフトレバーをパーキングやニュートラルにすると音と振動が消える。

シフトレバー

走行中も時々ゴトゴト音がする。ダイハツ タント 平成20年式 L375S の9万km。

 コチラのページも参考にどうぞ

 タントが加速しない&ガタガタ振動する原因

 タントの右スライドドア付近の異音を30秒で消す  

 

音が出るタイミングがわかっているので、音が出ている時にエンジンルームを見てみた。

エンジン本体が大きく揺れてゴトゴト音が出ているようだった。

人に協力してもらいシフトレバーをパーキングからバックにいれてもらう。

シフトレバー

エンジンが大きく動き、サイドのエンジンマウントがフレームに当たった。

音の原因はココだった。

エンジンマウント

エンジンマウントが弱っていた為、ドライブやバックに入れた時のエンジン回転パワーに負けてエンジンが大きく動いてしまっていた。

エンジンマウントは全部で3つ使っている。

  1. ファンベルトの上付近
  2. バッテリーの下付近
  3. エンジンとミッションの間(下回り)

エンジンマウント

この3つだが、やはりファンベルトの上がエンジンに直結しているので、重要。

手でエンジンを揺するだけで動くので完全に潰れている。

外して新品と比べると潰れて高さがまったく違っていた。

右が新品、左が付いていたマウント

エンジンマウント

亀裂も入っていた。

エンジンマウント

バッテリー下のエンジンマウントは切れているが、切れた事でボディと接触していないので、直接の異音と振動の原因にはなっていない。

エンジンマウント

下回りのマウントはバランスをとっているようなロッドなので、力がかからず、状態は良かった。

振動と音を直すだけならファンベルト上付近のエンジンマウントだけで直る。

しかしバッテリー下のエンジンマウントも切れているので、そのままだとファンベルト上のエンジンマウントの負担が大きく、磨耗が早くなってしまうので、交換する。

 

作業終了後の試運転は音も振動もなく、快調だった。

 

 

ゴトゴト音とブルブル振動の原因と修理費用まとめ

平成20年式 型式L375S 走行90000KM
メーカー 車種ダイハツ タント
症状異音と振動
ゴトゴト音、ガタガタ音
臭い
なし
振動 
ドライブやバックレバー時のアイドリング中、ブルブル
原因
エンジンマウントの劣化、亀裂
作業内容エンジンマウントの交換
作業難易度少し難しい 素人では難しい
修理代

エンジンマウントファンベルト側7700円、工賃7000円、合計14700円。

エンジンマウントバッテリー側6000円、工賃17000円、合計23000円。

後の支障
ミッションのショックが大きくなる。
車買替レベル 

不要  比較的軽い故障なので買い替えを検討するほどではない