マーチのエアコンの風が最大しか出ない原因と修理費用

この故障が出たら車を買い替えた方が良い?それとも直すのが賢明?

エアコンの風量レベル1にしても最大の風が吹き出し口から出てくる。もしくはエンジンをかけたと同時にMAXの風が吹き出てくる。エアコンパネルでいくら風量を下げても、強風のまま。この手の修理はオートバックスのような用品店では少し荷が重い。ニッサンディーラーで直すのが安心だが、何しろ車検が高いので考えもの。町工場も兼用している車検のコバックが適任。

平成22年、ニッサン、マーチ、AK12、8万km。エアコンの風は電気を消費するので、このままではバッテリーも弱ってしまうし、とにかく車内が風の音でうるさい。

マーチ エアコンパネル

せめて顔に向けて風を出さないように足元に切り替えようとスイッチを押してもパネル上では切り替わっているが、風向きは変わらない。こういった症状はどのメーカーもコントロールパネルか風量を調整するパワートランジスタの可能性が強い。

マーチのヒーターレジスター

上の画像中央付近にある緑色のカプラーがささる部品がパワートランジスタ。※ヒーターレジスタともファンブロワレジスターとも言う。これは助手席のグローブボックスを外すと簡単に交換出来る。

整備書を見て故障診断するとエアコンパネルかパワートランジスタのどちらが故障しているかの判断はオシロスコープが必要との事。とりえあずサーキットテスターでパワートランジスタの入力電圧をみると、風量スイッチを操作させると明らかに電圧が変化していく。

風量を上げると電圧が上昇し、下げると下降する。微妙な数値ではなく、3ボルト以上は変化するので、エアコンパネルは正常に作動していて、パワートランジスタまでの配線も正常だとわかるので、パワートランジスタを交換。

マーチのヒーターレジスター

上の画像はパワートランジスタの新品と使用済み。通常どの車も風を受けるブロワモーター付近についており、内部熱を放出し、故障から守っているが内部抵抗によってブロアモーターの電流を調整しているので、抵抗が熱で断線しやすい。抵抗が低い風量最大だけ生きている状態がよくある。

ヒーターの風が最大しか出ないといった症状を聞くとほとんどの整備士はパワートランジスタだと予測する。それほど定番の故障。

 

 

マーチのエアコンの風が最大しか出ない原因と修理費用まとめ

平成22年式 型式AK12 走行80000km
メーカー 車種ニッサン マーチ
症状エアコン、ヒーターの風が最大のみ
ボー 風の音がかなり大きい
臭い
なし
振動 
なし
原因
弱風での使用頻度が高いとレジスターに熱が溜まり故障しやすい
作業内容助手席のグローブボックスを丸ごと外すと右にレジスターが見えるので交換する
作業難易度簡単 
修理代
パワートランジスター(ブロワファンレジスター)7000円、工賃3000円、合計10000円
後の支障
バッテリーの弱り、フィルターの詰まり、ブロワファンの焼き付き。
車買替レベル 

不要  軽い故障なので買い替え必要ない