NV200バネットバンのエンジン不調&警告灯の原因と修理費用

エンジン不調と警告灯の故障が出たら車を買い替えた方が良い?それとも直すのが賢明?

エンジンをかけてアイドリングをしてると「ドッ、ドッ、ドッ、ドッ」といった振動とエンジン警告灯が点灯している平成27年式、80000km、ニッサン、NV200バネットバン。※ティーダやウイングロード、セレナなども今回と同じ故障が発生する事がある。

走り出しても加速が遅く、坂道も力無く登ります。室内もゆさゆさ揺れ、マフラーからの排気ガスも何だか臭い!これでは車検の排気ガス濃度もクリアできず、車検不合格になる。もっとも警告灯が付いてる時点で車検はアウト。この状態では手放すにしてもきっと買取査定はしてもらえない。

故障診断機である、Gスキャン、日立、バンザイ、ランチテックなどを車の運転席足元にあるOBDⅡ差し込み口にさせばすぐに何が故障しているかわかる。

今回は3番のイグニッションコイルが故障との結果。NV200のイグニッションコイルは全部で4本。同じ時期に故障しやすいので普通は4本交換する。

1本7千円程度、4本で約3万。工賃はインテークマニホールドを外すため1万円。ついでの作業で工賃が変わらないため、消耗品のスパークプラグも交換。

イグニッションコイルが故障するとスパークプラグの電極がガソリンで溶ける事があり、溶けたプラグを使っているとイグニッションコイルの抵抗が増え、破裂する事例もあるので、コイルとプラグは同時交換が良い。

下の画像はプラグだが2個あるうちの上のプラグにリークしているコイルが付いていた。電極が白くボロボロ、ドロドロ。

両側白金チップ入りプラグ

プラグとコイルを交換してエンジン不調回復、エンジン警告灯は過去の故障を記憶しているので点灯したままだが、これは直っていれば診断機で消去できる。

NV200バネットバン

上の画像はNV200バネットバンのエンジンルーム。中央左寄りの黒いタコ足のような部品がインテークマニホールド。その下にイグニッションコイルとスパークプラグが4本付いてる。下の画像は拡大したもの。

NV200バネットバン

NGKと書かれてるのがイグニッションコイル。下の画像はイグニッションコイル先端が溶けて電気がリークしている。

NV200

NV200

下の画像のようにスパークプラグと繋がるため、リークするとスパークプラグが正常に火花を出さなくなるので、エンジン不調になる。

スパークプラグ

 

 

NV200バネットのエンジン不調まとめ

平成27年式 型式VM20 走行80000KM
メーカー 車種ニッサン NV200バネットバン
症状警告灯点灯&エンジン不調
ドッドッドッドッ アメリカンバイクのような音
臭い
排気ガスが、ゆで卵のような
振動 
アイドリング時にゆさゆさ、走行時はブルブル
原因
イグニッションコイルのリーク
作業内容イグニッションコイルとスパークプラグの交換。その時、インテークマニホールドを外した。
作業難易度難しい 素人では難しい
修理代
コイル7千円×4個、プラグ2千円×4個 工賃1万円 その他 診断料、パッキンなど全部で52300円
後の支障
不調時は不燃焼ガソリンがマフラーに流れるのでマフラー内部が高温になりマフラーの寿命が縮む
車買替レベル 

不要  比較的軽い故障なので買い替えを検討するほどではない