AZワゴンのエアコンが効かないの原因と修理費用

*当サイトはプロモーションが含まれます


このエントリーをはてなブックマークに追加 ブックマークに追加

マツダ

最初にエアコンのコンプレッサー作動を点検

車内が少し暑いのでエアコンのスイッチを入れた。

それほど暑いわけではないので、エアコンが効いているのかいないのか微妙な感覚。

 

なんとなく冷たい風が出ているが、車内が涼しくならないので、調べてみる。

平成24年 マツダ AZ-W DBA-MJ23S 3万km。

 

 車検どこがいい?◀️安い車検を探してる方はコチラ

 

まずはコンプレッサーが作動しているかチェック。

1度も止まらずっと作動していた。

 

コンプレッサーがずっと作動してる場合、考えられるのは

  1. ガス不足
  2. 温度調整のアクチュエーターの故障
  3. コンプレッサーの故障
  4. エキパンの開き

主にこの4つ。

 詳しくはコチラ→カーエアコンの仕組み

 

ガスの詰まりや、電動ファンの故障だとコンプレッサーが動いたり止まったりして、ずっと作動しない。

しかも、コンプレッサーからカチカチ音がする。

 

 

基本のエアコンガスを点検

とりあえず、エアコン修理の基本であるガス圧をチェック。

エアコンガス

 低圧0.05MPa、高圧0.45MPa

この数値は両方ともかなり低い。

外気温によって基準の数値は違うが、正常なら

低圧 = 0.2MPa

高圧 = 1.5MPa

になるはず。

こういった圧力が低い要因はコンプレッサーの圧縮不良かガス量不足。

 

ACガスを1缶の半分も入れればすぐに判断出来るので、補充してみる。

参考費用:オートバックスの工賃表

エアコンガス

ガスを補充するとすぐに圧力が上がったので、コンプレッサーは正常に作動している。

そして、室内のエアコン吹き出し口に手をあてると冷たい風が出てきたので、エアコンガス不足で間違いない。

 

 ということはガスがどこかから漏れている。

 

 

エアコンのガス漏れを蛍光オイルで点検

漏れを探すのは大変な作業になる。

まずエアコンガスの経路全て黙視で点検。

 

漏れているとコンプレッサーオイルも少し漏れるので、オイルに埃が付着しやすい。

よってエアコンパイプなど経路に埃が付いているか見る。

スペーシア xリミテッド

わからなければ、蛍光オイルをエアコンガス注入口から入れて、エアコンを作動させる。

後はエアコン経路に紫外線ライトをあてると漏れている箇所が光る仕組み。

 

しかし、この点検は少量の漏れの場合、蛍光オイルが出てくるまで1ヶ月位かかる。

 

 

エバポレーターを点検

今回はそれほど時間がないので、外が大丈夫なら室内と考えてエバポレーター付近を疑って点検する。

AZワゴン

エバポレーターはダッシュボード等、大がかりに外さないとわからないので、エバポレーター入っているエアコンユニット下の除湿ホースの出口を見てみた。

ほんの少しだけベタベタ感があったので、分解する事にする。

 

ステアリング、ステレオ、シフトレバーなど順番に外し、最後にダッシュボードをごっそり外す。

エバポレータ

エアコンユニットだけが残る。

 

ヒーターホースとエアコンパイプを外すので、クーラントとエアコンガスを事前に抜いておく。

エバポレータ

エアコンユニットを車から外して分解するとエバポレーターが見える。

 

エバポレーターの下側がベタベタしている。

AZ-W

ケースの下側にもしっかりとエアコンオイルが染み付いていた。

 

ガス漏れはエバポレーターで決定。

AZ-W

交換の為、部品を調べると、エバポレーター交換時には同時に交換しなければいけない他の部品も案内された。

そういった場合、リコールやサービスキャンペーンが出ている可能性が大。

 

 

AZワゴンのエアコン故障は延長保証

調べてみると、エバポレーターは通常3年保証が9年保証に延長されている。

しかしこのAZワゴンは9年以上経過していた為、保証適応外だった。

 

修理費用が高いので、保証でなければ良い買い替えも検討した方がいいかもしれない。

AZワゴンの買取相場表」も参考に!

 

このAZワゴンはエアコンユニット内でエバポレーターが揺れてエバポレーターに穴が開きやすかった構造だった。

AZ-W

同時交換部品は揺れを押さえる為、エバポレーターの下に引くプレートが追加されていた。

AZ-W

 

 

 

AZワゴンのエアコンが効かない原因と修理費用まとめ

平成24年式 型式MJ23S 走行30000KM

メーカー 車種マツダ AZワゴン
症状エアコン弱い
なし
臭い
なし
振動 
なし
原因
エアコンユニット内のエバポレーターの設置不良
作業内容ダッシュボードを外してエアコンユニット内のエバポレーター交換
作業難易度[star rating = "5"]難しい 素人では難しい
修理代
エバポレーターと対策部品 22000円、エアコンガス5000円、クーラント5000円、工賃35000円、合計67000円
後の支障
ガスが少ないとコンプレッサーの作動時間が増えるのと、コンプレッサーオイルが漏れるのでコンプレッサーに負担がかかり故障しやすくなる
車買替レベル 

[star rating = "3"]買替を勧める  年数的に他の故障も出てくる時期。維持費が上がる

 

 

保証修理でよくある質問

Q:保証期間内なのに有料で修理してしまった場合はどうなる?

A:有料で修理した請求書と領収書をディーラーに提出すると返金してもらえる場合もあります。各メーカーによって対応が異なりますので、まずは実際に修理した工場やディーラーにご相談して下さい。

 

 

 

車の不具合を相談する

 車について質問と回答を自由に投稿できます。投稿していただきますと各車両のECU基本データページのパスワードをお伝えします。車の故障診断にお役立て下さい。

質問者: 不具合のある車名と内容を記入して下さい。細かく記入すると正確な回答が得られます。

回答者: 整備士及び車に詳しい方の回答をお待ちしております。なおホームページもしくはSNSのアドレスを教えていただけますと自動車販売店、車検店、買取店として当サイト内で1ページ作成してご紹介することもできます。お気軽にご利用して下さい。

コメントを購読する
通知する
guest
例 トヨタ プリウス
不具合の報告
ニックネーム可
具体的な回答がほしい方は入力して下さい
SNSやサイトを宣伝したい方は入力して下さい
0 Comments
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示