エアコンが故障して車検が通らない?修理費用と時間【車検知識4】

カーエアコンは故障する前に整備工場にエアコンの点検をすることはあまりないと思います。

しかし、6月、7月に車検に出す人は、一緒にエアコンの点検をして欲しいと多くの人が言います。

 

他にも

  • エアコンが故障してるけど、車検は通る?
  • エアコンフィルターは車検で交換しなきゃダメ?
  • エアコンが効かないから車検は止めて廃車

 

など、エアコンと車検は案外関連しているようです。

エアコンは自動車を快適に乗るのにかなり重要です。

 

車検とエアコンの関係や修理費用、修理時間などを調べましたのでご紹介します。

 

参考 車検どこがいい?業者別比較&人気ランキング

 

 

 

エアコンが故障して車検が通らない場合

車検の基準では「標準装備品が正常に作動する事」となっていますが、標準装備のエアコンが効かない状態でも車検はほぼ受かります。

なぜならエアコンはヘッドライトのように自動車の安全装置でもなく、効かない事自体は保安基準適合に関係ないからです。

 

しかし、エアコンの故障で車検が通らない場合もあります。

車検が通らない故障
  • ラジエーターファンが回らずオーバーヒート
  • コンプレッサーが焼き付きエンスト

この2つが故障するとエアコンは効きません。

しかもエンジンと関係している為、エンストしたりオーバーヒートするので、車検も通りません。

 

車検に通らないと修理しなければならず、車検完成まで日数がかかってしまいます。

エアコンの効かない車の車検は早めに予約しましょう。

 

 

 

車検でエアコンを点検する箇所

車検でエアコンの作動点検はしませんが、車検点検項目の中にエアコンが関連している箇所があります。

エアコン関連箇所

  • エアコンベルト
  • 電動ファン
  • エアコンコンプレッサー

エアコンのガス漏れなどは見ませんが、上の3つは車検整備する時にチェックされます。

 

まずエアコンベルトは切れても車検は受かる項目ですが、オルタネータ、エアコン、ウォーターポンプ、パワステなどの補記類と繋がっているベルトは必ず点検してもらえます。

ファンベルト交換

次に電動ファンですが、本来、車検で電動ファンを点検することはありませんが、どこかに不具合がある時に整備士は電動ファンを疑います。

 

電動ファンを疑う時
  • 冷却水がかなり少ない: 電動ファンが故障していると冷却水が蒸発して減る
  • 冷却水がサブタンクから溢れてる: 電動ファンが故障していると冷却水の温度が上昇するので圧力が上がりサブタンクに水が逃げてくる
  • ファンからカラカラ音が聞こえる: 異音がする箇所はチェックする
  • エアコンを入れるとカチカチ音: 電動ファンが故障しているとコンプレッサーが入ったり切れたりを繰り返す

電動ファンはラジエーターを冷やすのと同時にエアコンのコンデンサーも冷しています。

 

※下の画像はラジエーターに付いている電動ファンを取り外した物

セレナ

最後にエアコンのコンプレッサーですが、エンジンとベルトで繋がっている為、焼き付きなどでロックすればエンストや異音が発生するので、点検します。

車検でのコンプレッサーの点検はベルトの消耗具合で判断しますので、冷やす為に正常に作動しているかどうかまでは判断できません。

 

※下の画像はエアコンコンプレッサーを車から取り外した物

エアコンコンプレッサー

Q:エアコンのコンプレッサーが壊れるとどうなる?

エアコンのコンプレッサーが故障するとエアコンが効かなくなるほかに、主に3つの症状があります。

  1. プーリーが焼き付き、焦げ臭い臭い
  2. プーリーがロックしてベルト鳴きがする
  3. マグネットクラッチが故障してガチャガチャ異音がする

この3つのどれかが確認出来てエアコンが効かなければコンプレッサーの故障を疑います。

コンプレッサーの故障を放置しているとエアコンベルトが切れる事が多いです。

 

 

 

エアコンの修理費用と修理時間の目安

電動ファン交換
修理費用5万円
修理時間2時間
エアコンコンプレッサー交換
修理費用8万円
修理時間3時間

 

 

 

エアコンフィルターの汚れは車検は通るが要注意

エアコンフィルターはどんなに汚れていても車検に合格できます。

エアコンフィルターは車検の点検項目にないので、検査員もチェックしません。

 

しかし、自動車の取扱説明書には1年で交換するように書かれていますので、最低2年おきの車検時には交換した方がよいでしょう。

エアコンフィルター

※上の画像の左が5年使用したエアコンフィルターで右は新品

 

5年も経過するとフィルターは、ほとんど目詰まりし、汚れがエアコンユニットに侵入して内部のエバポレーターが汚れます。

※詳しくはこちらのページをご覧下さい↓

エアコンの臭いはエバポレーターの汚れ

 

ユニット内は簡単には掃除できないので、エアコンから異臭が発生します。

臭いだけでなく、ユニット内が汚れるとエアコンの効きが悪くなるので、車検と同時にエアコンフィルターの交換をした方がよいでしょう。

 

オートバックスでしたら車検と同時にエアコンフィルターの交換とエバポレーターの洗浄もできます。

 

エアコンフィルター交換費用の相場

  • 普通車: 活性炭入り7000円
  • 軽自動車: 活性炭入り5000円

 

 

 

ガス漏れ?車検でエアコンガスを入れるのはダメ

よく「エアコンガスを補充して下さい」といった注文があります。

そういった注文を受けた時、必ず理由を聞きます。

そうしますと大体下記4つの返事をもらえます。

お客様の回答
  1. エアコンの冷えが弱い
  2. エアコンが効かない
  3. 今まで補充したことがないから
  4. 毎年補充しているから

この4つの回答で補充してもいいのが、4番の「毎年補充しているから」と言った方の車です。

毎年補充している人はエアコンガスが漏れている事を知っていて、修理するより減るたびに補充してもいいと考えているからです。

 

「エアコンの冷えが弱い」や「エアコンが効かない」のはエアコンガスが少ないのではなく、別の故障が発生している場合があります。

そもそもエアコンガスは漏れないのでガスが減る自体、どこかが故障している証拠です。

 

エアコンは効くのに「今まで補充したことがないから」といった理由で補充するとガスが入れすぎでコンプレッサーやコンデンサーを逆に壊すことにもなりかねません。

※エアコンの仕組みはエアコンが効かない原因をご覧ください。

 

 

エアコンガス補充の費用

  • 普通車: ガス2本補充で6000円
  • 軽自動車: ガス1本補充で4000円

車検と同時にエアコンを点検してもらうにはオートバックスがおすすめです。

 

 

こちらでしたらオートバックスに車検予約ができて楽天ポイントもつきます

安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト【楽天車検】