車検点検項目1 ポジションランプの色やLEDは車検対応か

ポジションランプは車の前方両サイドに装着されているライトです。正式には車幅灯と言います。スモールランプとも言います。同時にテールランプも点灯します。

LEDに交換したり、綺麗な白色に発光する電球に交換する人がいますが、保安基準は満たしているのでしょうか?

車幅灯

保安基準は簡単に言えば車検対応です。保安基準適合商品なら車検対応商品ということです。

ポジションランプについて調べましたので紹介します。

ヘッドライトの車検基準はこちらを参考にして下さい。

 

 

 

車検点検項目 車幅灯(ポジションランプ)の基準

スモールランプ

取付位置 

車の前方両サイド、照明レンズ上側が高さ2.1m以下、レンズ下側が高さ0.25m以上。レンズの大きさは15cm×15cm以上。左右対称であり、レンズは外側から400mm以内にあること。


使用個数 

2個もしくは4個。電球ではなくレンズの数です。1つのレンズ内に車幅灯の電球が何個入っていても問題ありません。車幅灯が点灯しているレンズ本体が2個か4個ということです。


ライトの色 

白、ただし、ウインカーと同じレンズを使用している場合や、ウインカー兼用の場合はオレンジ色。


性能、機能

  1. 夜間前方300mの位置から見えること。光源5W以上30W以下。
  2. 車幅灯のレンズの中央から上方15°、下方15°の角度から光が見えること。以下を参考に

    画像出典:https://www.carmate.jp/

  3. 進行方向に平行な鉛直面より内側45°、外側80°から見えること。
  4. ウインカーと兼用の場合、ウインカーの作動中は車幅灯は消灯しなければならない。
  5. 車幅灯が点灯している場合は、点灯している表示をすること。(メーター内の車幅灯ランプを点灯させる)
  6. 損傷や汚れがないこと。

 

 

 

車検でLEDに交換した車幅灯は合格する?

ヘッドライト

車検対応と書かれているLEDでしたらほぼ車検は大丈夫と言えますが、製品によっては初期不良などで、チカチカ点滅したり、光度が低い物もあります。

そういった不良製品は車検対応と書かれていても車検は受かりません。

車検対応製品が正常な場合の時に車検に合格します。

レンズを交換するのではなく、バルブ(電球)のみをLEDに交換するのでしたら色が白なら大丈夫です。

色の目安はケルビンで判断します。

  • 5000ケルビンは少し黄色に感じます。
  • 6000ケルビンは純粋に白色です。
  • 7000ケルビン以上は青く見えやすいです。

市販されている車幅灯のLEDは6000ケルビンが多いので、大丈夫ですが、7000ケルビン付近のLEDですと、検査員によっては不合格になる場合もあります。

明るさはルーメンです。明るすぎても車検はダメですが、実際に測定するのは難しいので、多くの製品は明るさで車検に通らない事はありません。

車幅灯の明るさ上限

純正は5Wの50ルーメンです。明るさの上限は30Wまでなので、約300ルーメンまで明るくても大丈夫です。

その他にライセンス用(ナンバーランプ)と車幅灯用(スモールランプ)が似ているので注意して下さい。

違う用途のLEDを付けても車検は通ってしまうかもしれませんが、光の照射する位置が違うので、ナンバーを照らさなかったり、車幅灯は対向車に見つけにくい光になっていたりするので危険です。

LEDの種類を確認して取付しましょう。

 

 

 

PIAAのLEDポジションランプは高性能で車検対応

PIAAのランプは初期不良も少なく、オススメですが、お値段はそれなりに高いようです。

ポジションランプで400ルーメンといったかなり明るい商品もありますが、実際はレンズが曇っていたり、経年劣化で黄ばみもあるので、車検基準を超えた明るさにはなりません。

ポジションランプを明るくするだけで、レンズが綺麗に見えて、車の高級感が増します。

オートバックスの整備士さんなどと相談して車検対応の良いLEDを探して見て下さい。