ビッグモーターの中古車は高い?【評判,諸費用,値引き,返品,取り寄せを調査】

ビッグモーターは3つのNo.1評価

1位買取台数5年連続日本一

1位中古車販売顧客満足度No.1

1位中古車買取価格満足度No.1

 

ビッグモーターは全国に300店舗以上あるので買取台数日本一は皆さんも想像できると思います。

 

しかし、ビッグモーターほどの大規模になるとトラブルの数も大規模になり、「やばい」「最悪」「買うのはやめておけ」などの口コミもたくさんあります。

 

中古車販売顧客満足度No.1は調べる必要がありそうです。

このページのポイント

ここではビッグモーターで中古車を購入した口コミを見て「対応」「価格」「諸費用」「値引き」「評判」などを調べましたので参考にして下さい。

下取してもらう前にこちらも参考にして下さい。

 

 

中古車販売ビッグモーターの基本情報

ビッグモーターはオートオークション会場と強いつながりがある為、中古車の買取には自信があります。

買取台数が豊富なので中古車販売の在庫台数も圧倒的に多く、欲しい車が見つかりやすいでしょう。

中古車販売ビッグモーター基本情報
商号ビッグモーター
本社所在地東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 20F
店舗数約307店舗
従業員約6000人
在庫車両約5万台
整備鈑金工場店約40店舗
一括査定サイトカービューで比較可能

 

営業時間

正確な時間は各お店に直接ご確認下さい。

営業時間9時~20時
整備受付時間9時~18時
オイル交換10時~18時

 

ビッグモーター諸費用内訳

諸費用は車や店舗によって違うので必ず確認して下さい

諸費用
  • 名義変更登録費用 29900円
  • 車庫証明費用 19900円
  • 納車整備費用 51900円
  • 指定場所納車費用 11000円
  • 土日祝納車費用 11000円
  • 希望ナンバー 12000円
  • 自動車税未経過相当額(月割り計算)
  • 自賠責保険未経過相当額(月割り計算)
  • 取り寄せ費用 50000円
  • BIG安心保証 69800円
  • コーティング 69800円
預かり法定費用
  • 取得税(後年式で高額車のみ)
  • 自動車税(車検切れのみ)
  • 重量税(車検切れのみ)
  • 自賠責保険(車検切れのみ)
  • 検査費用(車検切れのみ)
  • 車庫証明印紙 2700円
  • ナンバープレート 4100円
  • 下取り自動車税

車体価格+諸費用+預かり法定費用が中古車を購入する総額になります。

 

違う店舗から取り寄せ

購入前の取り寄せは不可

取り寄せは納車時のみ

ビッグモーターでしたら、どの店舗の中古車も取り寄せ可能です。しかし、運ばれて来るのは、契約して手続きが終わって納車する時です。商談するための取り寄せは料金を払っても難しいです。

購入後の取り寄せも料金はかかるので注意して下さい。

購入前の取り寄せは基本的に出来ませんが、担当者に相談すると有料で受けてくれかもしれません。

 

ビッグモーターの中古車は無事故車

事故歴と修復歴は同じ

ビッグモーターは無事故車しか販売しませんが、事故歴の判定が曖昧な点があるので、トラブルもあります。

下はビッグモーターのサイト文を引用したものですが、曖昧な点をご紹介しますのでご覧下さい。

修復歴の定義
  1. フレームを交換、修正したもの。またはそれらを要するもの。
    (第一メンバー、リヤクロスメンバーを含む)
  2. フレームを破損したもの。(腐食、穴等含む)
  3. ピラーが曲がったり、折れたりして狂っているもの。
  4. ピラーを交換したもの。
  5. フロントインナーパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  6. ルーフを交換したもの。修正後がひどく雑なもの。
  7. リヤホイールハウス及び、リヤインナーパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  8. トランクフロアパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  9. フロアパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  10. カウルパネルを交換、修正したもの。又はそれらを要するもの。
  11. 修正、補修した状態が不明瞭で、修復歴の疑いがあるもの。

 5.7.8.9の基準が曖昧で、下の修復歴なしの車と重複する

修復歴なしの車

各溶接パネルを交換したもの、修正機跡があるもの、及び検査員が判断した軽微な損傷車は評価点「3点」とします。

  1. フレーム先、後部の修正及び曲がり。
  2. インナーパネル先、後部の修正及び曲がり。
  3. トランクフロア後部の修正及び曲がり。
  4. ピラーヒンジ部分及びドアストッパー廻りの小曲がり。
  5. 第一メンバー及びリヤクロスメンバーの小曲がり。
  6. リヤホイルハウスの修正及び小曲がり。
  7. その他検査員が判断した軽微な損傷者。

※ 前後フレーム、前後インナーパネル、トランクフロアは先端部・後部より5センチ以内の修正、曲がりとします。

 簡単に説明すると骨格部分でも5cm以内の曲がりは修復歴ナシになる。

 

日本自動車査定協会などで定められている基準よりビッグモーターの修復歴基準は若干緩いので、ビッグモーターでは「事故歴なし」でも他店では「事故歴あり」になることもあります。

 詳しくはこちらのページを参考にして下さい。

 

 

 

値引きと支払い方法の口コミ評判

ビッグモーターの中古車は値引きしますが条件があるようです。口コミをご覧下さい。

 車を購入したら車屋さんがローンの手続きその他全てしてくれるものだと思っていたので何もしないまま納車されて、新しい車を乗っていました。ところがある日ローン会社から電話があり引き落とし出来ないから早く手続きしろと電話があり、ビックリしながらも手続きを終えました。
 10万円ほど値引きをしてくれると言われて契約をしました、でも支払いを現金でと伝えると自社のローンを使わないと値引きができないといわれて高い金利のローンをくまされた
 指定ローン会社を使うと3万円のオプション代プレゼント
 新しい車の値引きは2〜3万程度
 現金じゃなくてローンで買ってくれれば更に20万円値引きする
 値引きの話になると『今すぐ結論を出せ』と変貌
 値引きするから保険を移動するように言われた
値引き交渉すると逆に損するリスクが...

値引き交渉すると条件を出されることが多いです。条件は主に2つで、「即決契約」か「ビッグモーターでのローン契約」です。値引きと引き換えに保険の勧誘もあったようですが、少し問題がありそうな交渉になるので気を付けて下さい。

 

 

 

ビッグモーターの返品保証

 実際に気持ち良く返品できるでしょうか?

返品保証の条件、返品までの流れ、返金されない項目と返品保証の口コミをご覧下さい。

 

返品の条件

  • 納車時から走行1万km以内
  • 最初からあった傷ヘコミ以外で5㎝平方以上の傷ヘコミがない
  • 事故をおこしていない
  • 納車時についていた部品がついている
  • レースやラリーなど特殊な使い方をしていない
  • 車検が切れていない
  • 納車時から名義変更していない
  • 税金、自賠責、違反金等、車に関係する負債がない
  • 担保等、第三者の権利がついていない
  • 自動車売買&整備事業者として契約していない

 

返品の流れ

  1. 納車日から1ヶ月以内に返品の申し込み
  2. 車両状態を見てもらう
  3. 解除同意書の締結
  4. 車両&必要書類提出
  5. 返金

ローンの場合、手続きと返金額が変わるので注意

 

 

返金されない項目

  • 名義変更手数料
  • 車検&整備費用&付属品
  • 陸送費
  • 保証料
  • 外装加修費
  • 取得税

 

返金される項目

  • 車両本体価格
  • リサイクル料金
  • 自動車税未経過相当額
  • 自賠責保険未経過相当額
  • 自動車重量税

自動車税、自賠責、重量税は未経過分を1ヶ月のみお客様負担

 

返品保証の口コミ評判

 返品。それでも登録費用等はこっち持ち
 家での事情が変わりキャンセルしたかったのですが、キャンセルはできませんとの事
 購入時値引きの条件に自社ローンを1年だけ懇願された。1年後ローン切り替え手続きしたら、金利分数十万円請求
 自社のカーローンをしきりに進めてきてこちらが銀行のカーローンを使うというと 露骨に対応が悪かった
 新車を購入したら、ハンドルのスイッチが使えず、その旨伝えると勧められて一緒に購入したナビでは使えないとの事で、返品、交換もうけつけらず
返品とキャンセルは全く違う

返品は諸費用が戻らないのでビッグモーターの利益になります。ですので比較的に簡単に受付してもらえますがキャンセルは何も利益が発生していない状態なので受け付けてもらえない場合が多いですが、根気よく交渉したり、消費者センターに相談すると可能な場合もあります。

 

 

ビッグモーターのメンテナンスパックとは

メンテナンスパックは中古車購入後整備も含まれた契約で、プラチナパックとゴールドパックの2つから選べます。

期間は3年間

3年間、下記サービスが受けられます。

メンテパック比較表

プラチナパック

59,900円

ゴールドパック

39,900円

エンジンオイル交換

永年無料

エンジンオイル交換

永年無料

オイルエレメント

2個

オイルエレメント

2個

1ヶ月点検

1回

1ヶ月点検

1回

6ヶ月点検

3回

6ヶ月点検

3回

12ヶ月点検

2回

12ヶ月点検

2回

タイヤローテーション

2回

タイヤローテーション

2回

ワイパーゴム

3回

ワイパーゴム

3回

こすれば保証

6回

こすれば保証

3回

フラッシング

2回

フラッシング

なし

注意事項

  1. エンジンオイルは3ヶ月3000km毎で3年以上でも永年無料
  2. 1ヶ月点検は購入後最初の1ヶ月だけ
  3. こすれば保証とは車の傷修理1回に付き1万円引き
  4. フラッシングとはエンジンオイル通路を洗浄する作業
全て作業するならお得だが...

項目すべてを利用するような人でしたらお得ですが、こすれば保証やフラッシングは無駄に思えます。本当に必要なのは12か月点検、タイヤローテーション、エンジンオイル&オイルエレメント、ワイパーゴムです。これだけでしたら逆に割高です。

 

 

 

ビッグモーターで契約解除する

中古車売買契約を解除する口コミをまとめました。

契約キャンセルと同じ

契約をした場合、キャンセルはとても難しいです。

それはどこの会社でもどんな商品でも当てはまります。

それほど契約は大事ですが、ビッグモーター側のミスなどでしたら当然キャンセルできるはずです。

口コミを見てみましょう。

 BIGへの口コミに1か月以内なら返品可能と書かれていたが、私は、担当店長から、契約書に署名捺印したら返品等は一切出来ないと言われた。どちらが本当なのだろうか
 ビックモーターの本社お客様相談みたいなところに電話して話をさせていただきました。内容を確認の上もう一度折り返すと電話を待っていると、なんと店舗のほうから電話が  相談室になんか行ったみたいだけどキャンセルとか無理だから!買うしかないから!とのことです。なんとお客様相談室の人が店舗にチクって我々は教えていないのに勝手に連絡先まで終えて店から電話が来た
 注文書を見ると諸費用がディラーの倍でした。キャンセルできて全額戻ってきて本当によかった
 「私的な理由でキャンセルは出来ません」「注文書が契約書です」
 キャンセルは陸送費がかかる事は説明受けました
 キャンセルすると往復の陸送費を請求されました
契約後のキャンセルは返品扱いになる

キャンセルできた口コミもあるので、粘るとキャンセルできる可能性もありますが、基本的には返品扱いになり、返品条件満たせば諸費用や実費引いた金額が戻ります。いずれにしても時間、労力、精神のダメージが大きいので、契約する場合は家族や友人にも内容を見てもらうと違った目線でアドバイスがもらえるので安心です。

キャンセル理由の1つに下取り価格の変更がある

 

買取評判の記事

 

 

 

ビッグモーターは査定額が下がる時もある

買取契約後に事故歴やエンジンの重大故障などが発覚した場合、減額請求される場合があります。

 

例)プリウスの買取価格100万円の場合
  1. 買取契約後100万円振り込まれた。
  2. 翌週に本部で再査定したところ事故歴が発覚。
  3. お客様に事故歴発覚を伝え減額請求書を送る
  4. 請求書の金額をビッグモーターに振り込む

「査定して金額を決めたのに、後から引くのはずるい」と思うかもしれませんが、買取契約書の規約にはしっかり書かれています。

後から引かれるのが嫌な場合、有料の買取価格保証があります。

買取価格保証料金表
軽自動車1万円

買取100万円以下

普通車

1万円

買取100万円以上

普通車

2万円

トラック等

大型車

3万円

輸入車

3万円

保証できる減額は100万円まで

関連記事

 

 

減額請求の実例(口コミ)

減額請求の多くは事故歴発覚

 契約書を交わした翌日に減額査定の電話あり 理由は事故車だったから
 契約書内容の走行距離を記入ミスしてました。4万キロも多いので、30万の減額
 翌日「お客様の申告にない事故歴が見つかったので減額かキャンセルの2択になります」と強気の連絡
査定技術が低いのが減額につながっている

後から「事故歴発覚」「走行距離間違い」などどれもビッグモーターのミスのような感じを受けます。買取価格保証額も含めた金額が下取価格と思って契約した方がよいでしょう。より安全で高く売りたい場合はカーセンサーの一括査定も検討してみましょう。

 

 

 

ビッグモーターの中古車は高い?(結果)

諸費用内訳を見てもらうとわかりますが、色々指定してしまうと高くなるようです。

ビッグモーターの中古車が高いといった口コミは少なかったですが、「諸費用は高い」と指摘している人は多く、半強制的な諸費用があり、総額だと高くなってしまいます。

 

中古車を安くするには...

下記4つで諸費用は安くなります。

  1. BIG安心保証をやめる
  2. メンテナンスパックをやめる
  3. 平日納車にする
  4. 車を置き場まで引取に行く

もう1つ、費用を押さえる1番簡単な方法は「下取りより一括査定で売ること!」です。下記カーセンサーなら査定前に買取価格をすぐに教えてもらえます。

 

 

 

 

 

End of article