カービュー@オートバックス車買取は安い【持込あんしん査定の評判】

車買取業者の中でもオートバックス査定ほど気軽な店は全国で探しても少ないと思います。

 

なぜ、オートバックス査定が気軽かといいますと「金額を知りたいだけでも大歓迎」「車検のついでに査定しておきます」など、オートバックス側が気軽に対応してくれるからです。

 

実際にオートバックス査定Dr.では

 査定する = 売買 ではない

 

と言っています。

 

そんな気軽なオートバックスですが、車買取一括査定で有名なカービューとコラボしたのをご存知でしたか?

 

オートバックスは独自の買取システムですが、そのシステムに加えて車買取カービューも関係してくると、とても面白くなりそうです。

 

カービュー×オートバックスのコラボ名は「持込あんしん査定

 

面白いシステムですが買取でもっとも大事な査定価格はどうなのでしょうか?

色々、調べましたのでご紹介します。

 

このページのポイント

買取カービュー×オートバックス買取の評判、メリット、デメリットを交えて注意点などご紹介します。

 

 

オートバックス査定Dr.の基本情報

画像出典:オートバックス

持込あんしん査定サイトから予約しても直接オートバックスに予約しても査定するのはオートバックスです。

 

オートバックスの買取査定は「査定Dr.」と言います。

オートバックスのサイトで査定Dr.の説明がありましたのでご紹介します。

「査定Dr.」とは

査定Dr.はタブレット端末を使った検査システムです。付属の膜厚測定器を用いて塗装膜を測定した内容と、端末に表示される各部位のチェック箇所を検査項目ごとに確認・入力した内容から修復歴を判別します。オートバックスは「車体再塗装の有無の判定方法および同判定システム」で特許を取得しています。査定Dr.では、これらのデータを本部へ送信、検査結果を集積・一括管理を行い査定価格を算出。買取査定の研修を受講し、合格した専任スタッフが担当しています。 スタッフの熟練度合や勘に頼らない査定を実現しています。

引用:オートバックス

査定Dr.では3つの独自のサービスがあり、そのサービスが人気の理由です。

3つのサービス
  1. 特許を取得した全国共通技術の安心査定
  2. 書面による買取見積書を発行
  3. 査定価格の5日間保証

この中でも「書面で見積書を発行」と「5日間の価格保証」が他の買取店では類を見ないオートバックス査定の強みです。

 

タブレットを使った査定方法ですが、書面の買取見積書を発行するとなると時間がかかりそうです。

オートバックスの査定時間はどれほどでしょうか?

 

 

査定Dr.の査定時間

画像出典:オートバックス

オートバックスの査定時間は公式サイトでは40分程度となっていますが、口コミや体験談をみると実際は1時間ほどかかるようです。

査定時間内訳
  1. 問診~車検証確認
  2. 記録簿と日々のメンテンナンス具合をチェック
  3. グレード、走行距離、色のチェック
  4. 外装、内装の傷やいたみ具合をチェック
  5. 修復歴のチェック(重要)
  6. オプション装備品のチェック

特に修復歴は価格に大きく影響されるので念入りにチェックされます。

 

 

査定Dr.は査定だけでも大歓迎

オートバックスは査定だけでも快く引き受けてくれます。

 

一部の買取業者は一度査定をしたら売るまで「帰らない」「しつこい」など酷い対応を聞きますが、オートバックスは「まずは査定」といったスタンスでお客様に利用してもらうようにしています。

 

そこから商談に発展するお客様を発掘していきますが、お客様の返事を待つスタイルだけは絶対に崩しません。

車検でオートバックスに1日預けていたら「現状の査定額だけ出しておきました」といったサービスもしてくれる場合もあるようです。

 

車の現在価値がわかるのは、何かと便利ですが、いきなり来店しても査定してくれるのでしょうか。

 

 

オートバックス査定は飛び込みでもOK?

飛び込みでも査定はしてもらえますが、かなり待たされます。

査定スタッフが忙しい場合は、数時間後に再来店を促される事もあります。

 

もしくは「別の日に来店してほしい」と言われる事もあるので、予約をしてから行った方が無駄がないです。

 

下記公式サイトからご予約すると、とても優しいスタッフが対応してくれます。

 「持込あんしん査定

 

カービューとオートバックス査定の特徴もご紹介しますので参考にして下さい。

 

 

 

買取カービュー×オートバックス買取の特長

カービューとオートバックスが協力して一括査定業務を始めました。

この一括査定サービスを「持込あんしん査定」と言います。

 

カービューの一括査定をオートバックスが全て引き受けてくれるので、面倒な手続きはいりません。

主な特長
  1. 査定業者はオートバックスだけ
  2. 営業電話なし
  3. 対面交渉なし
  4. 複数の買取業者が金額を提示
  5. 自分で売る業者を選ぶ
  6. 個人情報は決定した業者のみ開示

次はオートバックスの役割を説明します。

 

 

持込あんしん査定とはカービュー一括査定

持込あんしん査定を簡単に説明しますと、カービュー一括査定をオートバックスが代行しているだけです。

 

代行しているのは査定だけではありません。

オートバックスが窓口になって買取業者に車の状態を提供してくれるので、直接買取業者と会ったり会話する事がありません。

 

なので一括査定でよくある「買取業者から電話がたくさんくる」「買取業者が家に来て売ってくれとしつこい」といったトラブルはありません。

 

カービュー一括査定と持込あんしん査定の違いは自分で買取業者と交渉するかオートバックスに交渉を仲介してもらうかの違いです。

 

持込あんしん査定は簡単なのと、オートバックスを仲介する分、査定額が低くなりやすいです。

 

 

大体の金額でいいならカービュー買取相場表

  • オートバックス査定の特長は「今すぐ売って下さい」という営業をしないこと。
  • 買取カービューの特長は複数の買取業者に査定させること。

この2つの良い所を組み合わせたのが持込あんしん査定ですが、査定申込みより先にお車の大体の金額を知りたいと思いませんか?

 

 簡単に相場を知る方法が下のみんカラ買取相場表のページに載っています。

買取相場表の記事

 

 

オートバックス×カービューの評判

オートバックスで査定を受けた方の口コミを集めました。

「査定額」「スタッフの対応」「良かった」「悪かった」

分かりやすく、この4つに分けて口コミをまとめましたので参考にして下さい。

 

査定額の口コミ

 持込あんしん査定というカービューとのコラボシステムにて一括査定をしたところ、オートバックスより高値を付けた会社が入札した。
 7万円以上が条件で名刺の裏に買取値段を書いて頂き、一番良かった所に買い取って頂く方法で、オートバックスさんが一番低く、7万以下なので提示なしでとのこと
 良心的な査定でまあまあの値段を付けてもらいました
 車種にもよると思いますが私は2、3回売却をさせていただきましたが他店よりも高く買い取っていただきました
 車の買取査定をお願いした時に他の中古車買い取り店より10万以上プラス査定してくれた
 買取査定で希望に近い額でした
 あまりに低い査定額にびっくりしました
 意外に金額が高くてビックリしました。〇〇バーさんや△ッ△モーターも行きましたが負けない金額の提示でした。
 後から取り付けたパーツも評価して頂いて、査定金額の根拠・理由も説明してもらえたので満足
 輸入車を売却しましたが、ビッ○モーターの2倍近い買取価格で対応も良かった
 買取査定に行ったのですがあまりにも提示された金額が低すぎてビックリしました
査定額の口コミまとめ

査定額に関しては、「高かった」「安かった」の両方の口コミがありましたが、持込あんしん査定でしたら比較できるので、高い買取業者が選べます。こちらの「持込あんしん査定」公式サイトを見てみると査定の雰囲気がわかるかもしれません。

 

 

スタッフ対応の口コミ

 愛車査定してもらいました。 とても丁寧に対応していただきました
 朝10時に入店したが査定は午後2半き来てくれとまー混んでいるのでしょー接客も荒い感じでした
 車屋さんよりわかり易い説明だった
 当方 電話にでにくい環境を察していただき、訪問まではメールで対応していただいた
 基本的な接客業としての礼儀がない店員でした
 しつこい勧誘もなく、見積もりも出してくださり対応も爽やか
 査定のスタッフが人を小馬鹿にしたような態度
 案内不足すぎてこちらから色々聞かないと答えてくれない
 オートバックスさんの査定は正々堂々としていました
 対応は親切ですし、売却を決めてからの手順も判りやすく、3日後に代金の振込いただきました
スタッフの対応の口コミまとめ

スタッフによって対応の良い悪いが分かれますが、いきなり来店して査定をお願いするよりネットから予約した方がスタッフの感じが良いようです。突然仕事が増えるとイライラするスタッフがいるので注意して下さい。査定のご予約はコチラ➡「持込あんしん査定

 

 

良かった口コミ

 査定も同時にいただき、今の車の価格を知ることができて良かった
 車の買取査定もお願いしましたが、某大手と違い迅速で査定額の提示も明瞭
 査定額も口頭ではなく書面でいただけるのも好印象でした
 本来なら値段のつかない古い軽で、他社からは断られ、唯一訪問査定してくれたのがオートバックスです。部品使用としても使えるので、値段のつかない古い車でもまずは訪問査定するという方針だそう
 女性一人でも足元を見られることもなく清く明瞭です。他店の印象を操作するような発言もありません
 見積書の有効期限が5日あるのが常識的で良い。その場で決めれば幾らのような事がなくスムーズ
 車内の忘れ物も郵送してくださり有難うございます。さらに車の写真までも。車を大切に扱って下さってるのがよくわかります
 車の引き渡しまでの日数もこちらの要望を聞いてくれ、とても誠意のある気持ちの良い取り引きができました
 無料査定をうたう買取り店は口頭での金額提示が多いなか、こちらは書面でもらえます
 検討しますと伝えてもしつこく言ってくることもなくとても感じが良かったです
良かった口コミまとめ

査定額を書面でもらえるのはうれしいです。しかもオートバックスは持ち帰って検討してもらうのが基本なので、しつこい営業がないのが人気の理由です。

 

 

悪かった口コミ

 引取事にオートバックスの査定ミスにより、引取業者から現物と査定点数が違うとの事で、急遽キャンセル。
 車検に出した車の買い取り査定は客の許可をもらってからしたほうがいいと思います、私は車の値段に関係なく愛着を持って乗っているので、頼んでもいないのに下取り査定を言われた時はとても不快に思いました
 車の買取査定頼んだら、開店直後にも関わらず『1時間待ちです』と言われ諦めた
 アプリからの予約が、オイル交換と車の査定しかできないのが残念
 他の業者は、なるべく損をしない方法などのアドバイスをくれたが、ここは見積書を作っておしまい
 車の価値が理解できてない、誠に残念
 私の車輌は取り扱っていないとのことで、買取査定を拒否されました。タマ数が少ない外車?は取り扱っていないそう
 査定遅すぎ!1時間以上
 他より安く、頑張って買い取ろうとはされませんでした
悪かった口コミまとめ

「見積書だけでアドバイスがない」「他より頑張らない」などの口コミもありますが、しつこくないのがオートバックス査定の魅力です。もし頑張ってもらって高く売りたいのならこちらの買取カービューが一番高く売れます。その代わり数社が査定にくるので時間はかかります。

 

 

オートバックスのメリットとデメリット

オートバックス査定はメリットとデメリットがハッキリしているので、向いている人と向いていない人が完全に別れます。

 

 

キャンセル可能が1番のメリット

オートバックス査定一番のメリットはキャンセル可能

 

契約してしまった後のキャンセルは難しいですが、査定額を聞いた後に、あっさりキャンセル出来るのはオートバックス位ではないのでしょうか?

 

他の買取業者はしつこい営業ですが、オートバックスは見積書を手渡しするだけです。

 

オートバックスの査定スタッフは淡々とした接客ですが、こちらから質問すれば正確な回答が返ってくるので、買取に関して不安になることもありません。

その他のメリット
  • 5日間の買取価格保証
  • 見積書が持ち帰れる
  • 買取専門店ではない気楽さ

 

 

デメリットは査定額が安いこと

査定額が低くなる理由

 

オートバックスは用品の販売からオイル交換、タイヤ交換など、車を維持するのに必要な作業が一通りできるので、ガリバーやアップルなどの買取専門店に比べ、お客様数が圧倒的に多いです。

 

お客様数はガソリンスタンドには負けますが、膨大です。

その膨大なお客様を生かして、とにかく査定台数を増やすことに専念している為、交渉に時間をかけていられません。

 

「良ければ売って、嫌なら他へどうぞ」のスタイルで他の買取業者と比較もしません。

他店の価格を参考に査定をしないので、オートバックスはどうしても安くなってしまいます。

 

そこでオートバックを中心に査定を比較できる下の「持込あんしん査定」を始めました。

「持込あんしん査定」はそれぞれの買取業者が直接査定しているわけではなく、オートバックスが査定しているので、査定のズレは生じます。

 

参加している買取業者はオートバックス査定のデータだけを頼りに査定額を算出するので買取損のリスクを減らす為に、どうしても査定額が低くなってしまいます。

 

それでも「持込あんしん査定」はオートバックス単体の査定よりは高くなることが多いですが、通常の一括査定より査定額がグッと下がる場合も多いです。

 

下の公式サイトを見て、どちらが良いか比べてみるといいと思います。

 

楽に売りたい人

持込あんしん査定

 

高く売りたい人

全国無料出張査定!!carivew愛車無料査定

 

 

 

End of article