ヤフオク中古車の出品トラブル【落札や手続きも注意】カーセンサーと比較

ヤフオクに中古車を出品するのは、中古車販売店が多いようです。

個人で出品される方もいますが、ヤフーのプレミアム会員になる必要があるので、1回出品するだけでしたら少し面倒ですね。

 

オークション形式で車を売るなら楽天Car車買取やカーセンサーオークションといったオークション仲介業者もありますが、ヤフオクの魅力は出品~画像作成、価格設定など全て自分で決める事です。

 

自分で設定した内容で出品して値段が上がれば嬉しいですが、全て自己責任なので気を付けて下さい。

このページのポイント

カーセンサーとヤフオクの中古車の価格や状態を比較して、トラブルなども調べてみましたのでご紹介します。

 

 

ヤフオクで中古車の出品方法

まず最初にyahooプレミアム会員登録をします。

会員登録:税込508円。

 

 

事前に用意しておく必要書類と画像

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車納税証明書
  • 自動車リサイクル券
  • 印鑑証明書(所有者)
  • 譲渡証明書(※要押印)
  • 委任状(※要押印)

車の写真を用意します。

車全体が写るように、前後左右、傷へこみ、車内メーター、シート、ドアなど全部で10枚まで登録できます。

気になる箇所の写真も登録しておくとトラブルを防止することができます。

 

 

出品の流れ

上の図はヤフオク公式サイトです。

このように左から選択して、最後に「このカテゴリに出品」を押します。

 

そこから車の情報や価格を入力していきますが、オークション設定価格は難しいです。

 

出品手数料は安くないので、どうしても売りたければ高確率で売れる「楽天カーオークション」か「カーセンサーオークション」がおすすめです。

 

 

出品手数料

  • 出品手数料: 3,080円(税込)
  • 落札手数料: 3,080円(税込)

出品、落札ともに出品者が支払います。

 

 

出品期間 再出品

  • 出品期間:14日間
  • 再出品:オプションで1回まで無料

出品期間は14日間で、売れなければ自動で1回だけ再出品されます。

それでも売れない場合は出品手数料を再度支払えば出品できます。

 

 

 

ヤフオク中古車のトラブル情報

ヤフオクに車を出品する人は車買取店より高く売りたいからです。

落札する人はカーセンサーなどの中古車サイトより「安く買いたい人」か「欲しい車がカーセンサーにない人」がほとんどです。

売るポイント

買取業者に査定してもらい、正確な売却価格をしらないとヤフオクで安く売ることになってしまいます。

 

 

ヤフオク 車の出品側トラブル

ヤフオクで買う人はお買い得価格のプロ

 

ヤフオクは中古車販売店の社員が裏で売買するブローカーが多い場所です。

ブローカーは相場を知り尽くしているので、相場を知らない素人が低価格で出品すれば、即決で売れます。

ヤフオクに出品して失敗しないためには買取業者に正確に査定してもらう事が大前提です。

主な出品トラブル5
① 落札後に代金が振り込まれない
② ノークレームと書いてあっても後から減額請求や不具合修理請求してくる人はいる
③ 名義変更をしない(遅い人が多い)
④ バンパーにキズが無かったのに見落としたと言ってクレームを言ってくる
⑤ 途中から連絡がとれなくなる
何度お願いしても名義変更しない

ヤフオクではノークレームが基本なので、落札後に減額請求してくるような人はあまりいません。しかし名義変更トラブルは多く、「時間がない」や「書類の記入ミス」などで名義変更がなかなかしてくれない場合があります。最悪の場合、名義変更してもらえず、音信不通になるケースもあります。名義変更の保証料を最初にもらうなど、トラブルが起きにくい状況を作るのも大事です。代金が振り込まれないトラブルは入金後に車を陸送すればいいだけですが、売る為には再出品しなければならないので手間と時間がかかります。カーセンサーなら業者オークションなのでトラブルはほとんどありません。

 

 

ヤフオク 車の落札側トラブル

買取店より大幅に高く売りたい人がヤフオクに出品

 

買取店よりちょっと高く売りたい程度でヤフオクを利用する人はいるのでしょうか?

出品ブローカーが多い中、お得に買うのは困難です。

主な購入トラブル5
① 不鮮明な画像で購入前は気がつかず、納車されて初めて傷が分かった。
② 「事故歴なし」だったのに、事故車だった(2年後の売却査定時に発覚)
③ 「不具合なし」と書いてあったのに、エアコンが効かなかった
④ 代金を振り込んだのに、なかなか輸送してくれない
⑤ スピードメーターを交換してあり、走行距離不明の車だった
事故歴と走行距離は要注意

個人売買でしたら何かしらの故障は当然あるものだと思って下さい。そういった車でも普通の価格で売りたいので、ガリバーのような車買取店ではなくヤフオクに出品する人が多いです。中でも注意が必要なのが事故車と走行距離です。ガリバーなどの査定士でも見落としそうな軽事故車は個人売買ではバレない可能性が高いのでヤフオクに多く出品されます。走行距離も個人では調べないので普通に出品されます。記録簿が大事と言いますが、記録簿も全ての年の記録簿がないと意味がありません。心配でしたら走行距離を調べてくれる機関があるのでそちらに依頼しましょう。

 

 

ヤフオク 車の名義変更トラブル

ブローカーが買ってくれると安心

 

ブローカーは車売買のプロなので名義変更をスムーズに行ってくれます。

名義変更トラブルが一番多いのが、車に詳しくない人が落札した時です。

名義変更は悪気がなくても遅くなる

名義変更するには車庫証明書を取得してから車を陸運支局に持込み手続きします。用意する書類も住民票、印鑑証明など役所で揃える必要がある為、3日ほど平日の昼間に行動しなければいけません。

名義変更トラブル多発ポイント

① (売る人)車検証の所有者が自分ではない

車検証の所有者が父親だったりローン会社だったりすると所有者も必要書類を揃えなければいけないので時間がかかる

 

② (買う人)駐車場がない

車庫証明書を取得するには警察に駐車場管理人の許可を提出しなければならない。

 

③ (買う人)実印を持っていない

車の名義変更は委任状に実印を押さなければならない。

 

④ (買う人)譲渡証明書の記入を間違える

譲渡証明書に新しい所有者を記入するが、売る人の実印が押してあるので間違えるともう一度、譲渡証明書に実印を押してもらったのを郵送してもらわなければならない。

 

名義変更代行業者を利用すれば安心

 

 

トラブルが嫌ならカーセンサーで売買した方が安心です。

 

 

 

ヤフオクとカーセンサーの価格を比較

 

どちらも税込み549,000円で同じ

 

中古車販売店がヤフオクに出品すると多くの販売店は同じ価格にします。

ネット上で価格差を付けると購入者は「ここでは〇〇円だった」などとクレームが発生します。

その他にも金額差があると検討者に不安を与えるのであまり差は付けません。

中古車販売店の車を購入するならヤフオクよりカーセンサーの方が安心して取引できます。

 

ヤフー自動車の中古車メリット

ヤフオクでメリットのある売買は個人間売買のみ。買う人、売る人のどちらかが中古車業者の場合はヤフオク以外で契約した方が自動車公正取引協議会に加盟しているので安心。

個人出品は事故車や距離不明だけは要注意

 

カーセンサーで認定を受けた中古車でしたら走行距離不明はありません。

ヤフオクのデメリットである事故歴の確認もできます。

 

 

 

カーセンサーの中古車トラブル

ヤフオクはトラブルが多いことは有名です。

 

カーセンサーの中古車でトラブルはあるのでしょうか

 

カーセンサー認定が安心の印

カーセンサーでは厳密な検査を受けた車に車両品質評価書を発行します。これがカーセンサー認定です。カーセンサーでもトラブルはありますが、このカーセンサー認定を受けている車と受けていない車ではクレーム数が違います。

 カーセンサー認定や修復歴を紹介しています

 

 

 

ヤフオクまとめ

金額優先?状態優先?

中古車購入において、金額優先ならヤフオク、状態優先ならカーセンサーです。

ヤフオク購入の特徴
  1. 中古車販売店出品はカーセンサーと価格が同じ。
  2. 個人出品は事故歴、走行距離不明に注意
  3. 個人出品は店より安く買えるケースが多い
  4. 中古車販売店出品の車はヤフオクで落札するメリットはない
  5. 保証付き少ない
  6. 売買成立後はノークレームが多い

 

ヤフオク売却の特徴
  1. 店より高く売れる場合もある。
  2. 個人落札は名義変更が終わるまで安心できない

 

 

ヤフオクで安い車は何か問題がある可能性が高い

結局はカーセンサーで売って、カーセンサーで中古車を買うのがお得で安心できるような気がします。

 

 ヤフオクより簡単に売れる

カーセンサーオークション

 

 

 

End of article