カーネクスト廃車買取の注意点【重量税や自動車税は返金されない】

カーネクストは廃車同然の自動車の買取が得意です。

逆にカーセンサーなどで、高く売られているような中古車は「安い」と言った噂も耳にします。

あきらかに価値があるような車は「カーセンサー一括査定」や「車買取カービュー」が高く売れるようです。

ここでは廃車買取を得意とするカーネクストに売った場合の税金の戻り分を調べましたのでご紹介します。

 

 

廃車にすると重量税も還付は半分間違い

車を廃車にするには「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類があります。

 

永久抹消登録とは

自動車を解体(スクラップ)する時に申請できる登録方法です。解体届出書を作成して運輸支局に提出し手続きします。永久抹消登録が完了するとその自動車を2度と登録(ナンバー取得)することは出来ません。

 

一時抹消登録

自動車を一時的に使わなくなった時に手続きする登録方法です。自動車税や自動車保険も停止することができます。新規登録をして車検を受けることで再度乗ることができます。※下記ページで自動車保険料金の還付方法を解説しています。

 

重量税が還付される条件は

 2度と乗らない車だけ。

 

よって、重量税が還付されるのは「永久抹消登録」した廃車だけになります。

 

 

そもそも重量税とは

車検の時にだけ払う税金

車検証に記載されている「車両重量」によって納税額が区別されます。

その中でエコカー減税対象車かどうかで納税額が変わります。

以下の重量税早見表を参考にして下さい。

次回自動車重量税額照会サービス」で車体番号を入力すると正確な重量税がわかります。

軽自動車はこちら「軽自動車次回自動車重量税額照会サービス

関連記事

 

 

カーネクストは重量税分をプラス査定

査定額に残存期間分だけ含まれるので注意

重量税を還付するには永久抹消登録しなくてはなりません。

しかし、永久抹消登録をすると車は2度と登録(ナンバー取得)できなくなるので、買取した車は中古車商品にすることができなくなるデメリットがあります。

なので買取業者は中古車の自由が利く一時抹消登録にするのが一般的です。

 

重量税還付分を含めた買取額

カーネクストでは重量税還付分の価格を査定額にプラス提示することで、実際に永久抹消登録する必要がなくなるので、部品取り、輸出など、自由に扱えるようになります。

カーネクストでは還付金も含めた査定額ですが、実際の還付金はいくらになるのでしょうか。

 

重量税の還付金は全額?

重量税は車検時に2年分(貨物は1年分)納税します。

※もし前回の車検請求書が残っているようなら重量税額が記載されているので確認できます。

 

重量税を24ヶ月(貨物12ヶ月)の月割り計算して、抹消登録した月の翌月から車検残存期間月数分の重量税を還付します。

例)1.4tのヴォクシー(エコカー減免適応なし)

  • 2年(24か月)の重量税は24,600円
  • 月割り計算 24,600÷24=1,025円(1ヵ月分)

次回車検満了日が10月の場合、5月に抹消登録すると6月、7月、8月、9月、10月までの5ヶ月分が還付されます。

還付金 1,025円×5=5,125円

 

カーネクストではこの還付金を含めた査定になります。

 軽自動車の重量税還付はないので注意。

 

 

 

カーネクストなら自動車税の還付通知がもらえる

カーネクストでも廃車買取契約をすれば、抹消登録しますので自動車税が還付されます。

ローン購入車は注意

 

車買取アップルなどもそうですが、廃車買取でないと抹消登録をしないので自動車税は還付されません。

廃車買取ではない場合、中古車として流通する価値があるので、自動車税還付金以上の買取価格になります。

 

そもそも自動車税とは

自動車は毎年4月に1年分まとめて納税します。

自動車税を納税しないと車検を通す事ができないので公道を走ることができません。

納税額は自動車の排気量によって変わります。

下記、早見表を参考にして下さい。

自動車税月割り早見表

 

4月は全額の自動車税になります。

例)1400ccの車を購入して6月に登録すると22800円を納税します。逆に6月に抹消登録すると7月納税分の20300円が還付されます。

 

名義変更などで、別の人に譲渡されても4月時点の使用者もしくは所有者が納税しているので、そのまま継続されます。

一旦、抹消登録してしまうと自動車税残存期間分を納税者に還付するので、次に登録する人は登録月~次の3月までの自動車税の月割りを納税しなくてはなりません。

 

自動車税が自分に還付される条件

 条件は4つだけ

  1. 3月以外に抹消登録している
  2. 自分が最終所有者として抹消登録されている
  3. 軽自動車ではない
  4. 地方税の滞納がない

①自動車税は月単位の計算なので、3月に抹消すると最終月まで車を使用したということで、自動車税は還付されません。

 

②抹消登録には移転抹消登録といった手続きがあり、廃車買取業者の多くはこの方法で抹消します。この方法ですと最終所有者は買取業者になるので還付金は買取業者に渡ります。

 

③軽自動車は自動車税の還付制度がありません。

 

④地方税を滞納していると自動車税の還付金から充当される場合があります。

 

還付金の受け取り方法

抹消登録が終わると2ヶ月後に最終所有者の住所に還付通知が郵送されてきます。その還付通知と印鑑、本人確認書類(免許証など)を持参して還付通知に記載されている金融機関に行って手続きすると還付金を受けとることができます。還付金をもらうには、買取業者に最終所有者を自分にしてもらうことを伝える必要があります。こちらのページで➡手続き状況をご確認できます。

 

 

 

 

カーネクストで売るか悩んでいる方へ

カーネクストの査定は「電話だけ」って知っていましたか?

カーネクストは電話でお車の詳細を聞いただけで正確な査定額をだせるのです。

画像を送信する場合もありますが、現地で車を隅々までチェックした上での査定額ではありません。

どうして、こんなに簡単な査定か理由を知ると納得できます。

理由は「廃車買取に時間と労力を使うと利益が出ないから」です。

経費削減カーネクストの買取方法

  1. 廃車買取は還付金に少しプラスしただけの価格
  2. 事故車、故障車、普通車もどれも最低価格を伝える
  3. お客様の出方で金額を自由に変える
  4. 口契約でもキャンセル料発生する

この4つの中で、カーネクストは1番の「廃車買取」がメインのビジネスですが、これは金額が低い為、利益が少ないです。

 とても経費はかけられません。なので、

カーネクストは大きく利益を出す為に2番で即決を狙います。

ダメなら3番に話を進め4番で口契約、そのまま「買取」か「キャンセル料」で利益確定。

そうなるとカーネクストに売るメリットがある車は廃車同然の車という事になりますが、廃車同然の車ってどうやって判断していますか?

  • 古い車?
  • 壊れた車?
  • 汚い車?

これらを、勝手に廃車同然の車だと勘違いしていませんか?

そう思っている方は要注意です。

勝手に廃車だと決めつける前に一般的な買取店で査定しましょう。

お勧め査定の流れ

まず最初にしつこくない買取で有名な「車買取アップル」

値段が出ない(安い)ならカーネクストで電話査定

この流れなら間違いありませんが、もっと高く売りたいのでしたらカービューの一括査定も試してみると良いと思います。

 

 

 

End of article