車を売りたい人の為の4つの売り方を比較【おすすめと注意点】

*当サイトはプロモーションが含まれます



車を売りたい人は、なるべく高く売りたいですよね。

しかし、手間がかかるのは嫌といった意見もよく聞きます。

 

「楽に高く❗」がベストですが、「楽」は人それぞれです。

 

ここでは色々な売り方をご紹介しますので、自分に合った楽な売り方をぜひ実践してみて下さい。

 

 

車を売る4つの方法のメリットとデメリット

車を売る4つの方法
  1. 個人売買で売る
  2. 下取りで売る
  3. 買取業者に売る
  4. オークションで売る

それぞれの仕組みをご紹介します。

 

 

車を個人売買で売る

 

個人売買で売るには主に3つの方法があります。

  1. 直接知り合いに売る
  2. 個人売買仲介業者を利用する
  3. 個人売買サイトを利用する

 

(1)直接知り合いは車の素人。

素人では妥当な金額を判断できないので、後々、金額や故障でトラブルになる事がよくあります。

自動車税などの支払いトラブルもあるので、親戚などでも名義変更は確実に行いましょう。

手続きと金額が不安といったデメリットが多いのが個人売買です。

 

(2)個人売買仲介業者はガリバーフリマ。

正式な契約書があるので安心ですが、名義変更や整備などガリバーに頼むと費用が高いので、個人売買の高く売れるメリットが減ります。

ガリバーフリマのトラブルのページも参考にして下さい。

 

(3)個人売買サイトはジモティー。

カババやクリマといったサイトは仲介業者なのでガリバーフリマと同じです。

完全な個人売買はジモティーですが、売る側は個人より中古車販売店が多く利用していますので、個人で売るには金額を安くするか、車の状態を細かく解説して信用を得なければ中古車販売店にはかないません。

 

 

個人売買の注意点

名義変更手続きは基本的に購入者がおこないます。

名義変更手続きが遅れると自動車税や自動車保険にも影響が出てきます。

 

確実に名義変更をしてもらうためにも名義変更保証料など預かる人もいます。

例えば5万円を保証料として多く集金し、名義変更後の車検証の写真を送ってもらったら保証料5万円を返金します。

 

名義変更が遅れた場合はペナルティとして返金額を少なくする契約をしておくと安心です。

こちらのページで個人売買契約書のサンプルがあるので参考に見て下さい。

 

 

車を下取りで売る

購入する車があるなら下取りといった売却方法も選択できます。

「下取り」とは車を購入する時に、今乗っている車を売って価格を相殺して支払う事です。

例えば100万円の車を購入する時に今乗っている車を40万円で下取りすれば、支払いは60万円になります。

手間がかからず簡単ですが、お店側としては高く下取りすると販売利益が減るので下取りは安くなりやすいですが、納車時は車を乗り換えて帰れるメリットがあります。

 

下取りの注意点

下取りは基本的に次に購入する車の代金に補填されます。

手元に残したければ下取ではなく、買取になります。

 

同じお店で「売却」と「購入」をする上手に価格調整されてしまう場合があります。

下取りでなく、買取にするなら別のお店の方が高く売れることが多いです。

 

 

車を買取業者に売る

買取業者に売るのが1番有名な車の売り方だと思われていますが、車を売る人の多くは下取りです。

買取業者で有名なお店ですとガリバー、ビッグモーター、ネクステージです。

 

車を買い替える人で、下取りでなければ、車の購入と同時に買取業者に行って査定してもらわなければなりません。

しかし、購入時にすでに下取り価格を教えてもらってるので買取業者に下取り以上の買取交渉が簡単にできるメリットがあります。

 

 

買取業者の注意点

買取業者は車の買取が本職です。

と言う事は、買取業者のスタッフは車を買取しなければ仕事をしていないのと同じ。

 

そう考えると、「売って下さい!」としつこくされるのは当然かもしれません。

買取業者に査定を頼む時は、希望額をしっかり決めて、「希望額以上だったら売る」「希望額以下だったら売らない」と明確な基準を作って買取業者に伝えておけば安心です。

 

 

車をオークションで売る

オークションはヤフーオークションではありません。

ヤフーオークションは個人で出品すれば個人売買になりますので、高く売る為には「綺麗な車の画像」を用意したり、車の状態を詳しく説明できるように、車に詳しくなる必要があります。

 

ここで言うオークションはカーセンサーオークションです。

実際はユーカーパックという会社が運営するオークションに出品しますが、自分で価格を設定して希望価格以上になれば売る仕組みです。

 

オークションなので欲しい人がいればどんどん上昇し、欲しい人がいなければ価格は安くなりますが、常に相場以下で落札を狙っている業者はいます。

もし相場以下で落札できれば中古車を安く展示でき、すぐに売れるからです。

 

万が一売れなくてもオークションに再出品すれば相場で売れるので、相場以下狙いの業者は必ずいます。

なのでオークションは必ず相場より若干低い金額までは必ず上昇します。

 

そこから上は欲しい人がいるかどうかで決まりますが、希望額以上にならなければ売る必要がないので、お時間がある方は1度、希望額を高めにして出品してみるのも1つの手です。

 

 

オークションで売る注意点

オークションはその車を欲しい人がいて初めて売れます。

車を欲しい人は毎週変わるので、その時に、買い手がいるかどうかで価格が大きく変わります。

 

オークションで売るつもりでしたら1回で売ろうとは考えず、数回出品する気持ち挑みましょう。

オークションのデメリットは時間がかかる事です。

 

ユーカーパックは売れない」のページで売れる方法をご覧になって下さい。

 

色々な売り方がありますが、中でも個人売買は買取相場を知らないと損する場合があります。

次項ではだいたいの買取相場表の見方をご紹介します。

 

 

 

買取相場表でだいたいの金額を知る

買取業者に査定してもらえば正確な査定を知る事ができますが、「個人売買で売るから査定してほしい」とは言いにくいですよね。

 

そういった場合はネット上で簡易相場が見れるサイトを活用します。

買取カービューでしたら個人情報の入力もせず、ログインなども不要で相場が見れます。

 

下記ページを参考に進めてみて下さい。

 

 

結局、車を売るならどこがいい?

4つの車の売り方をご紹介しましたが、どれもメリット、デメリットがあるのがわかりました。

金額だけにこだわらず、ご自分に合った方法を選ぶのが1番です。

 

 

車を売る方法【おすすめと注意点】

どんな売り方が自分に合っているのか、下の4つを参考にして検討してみて下さい。

 

 

簡単に売りたい人のおすすめ方法

「車の売買を早く済ませたい!」「面倒な手続きは嫌!」と言った方はとても多いです。

私も少しくらい安くても簡単な方法で売りたいと思っています。

 

そういった人は「下取り」がおすすめです。

下取りは車を購入したお店でそのまま査定し、必要書類も同時に揃えて渡すことができるのでとても簡単です。

 

しかも車の納車と引き換えに今まで乗っていた車を引き渡すことができます。

 しかし、下取りは少し安い程度ではなく、とても安い時があるので注意が必要です。

 

 

高く売りたい人のおすすめ方法

高く売りたいなら一括査定がおすすめです。

一括査定はカーセンサー買取カービューのサイトで予約する事ができます。

 

一括査定がどういったものかわからない方もいると思いますので、まずは一括査定の仕組みを簡単に説明します。

一括査定とは、査定の予約を1度するだけで、多くの買取業者が査定して、査定額を比較することができる仕組みです。

 

買取カーセンサーの簡単な流れ
  1. 公式サイトで車の年式、型式、走行距離を入力。
  2. 氏名、住所、電話番号を入力。
  3. 査定してもらう買取業者を選択。(最大10社まで)
  4. 自宅まで出張査定してもらい、査定額を聞く。
  5. 1番高い業者に売却契約。
  6. 日程を合わせて車と書類を引き渡し。
  7. 1週間以内に入金。

 査定時間は約1時間です。2社いれば2時間。査定業者が多いと高く売れる可能性も増えますが手間も倍増します。

 

 

楽しみながら売りたい人のおすすめ方法

車を売ることを楽しみたければオークションがおすすめです。

ここでいうオークションはヤフーオークションではありません。

 

カーセンサーオークションです。

カーセンサーは「一括査定」と「オークション」の2種類の売り方選択できます。

 

オークションを選ぶとユーカーパックのオークション出品する事になるので、直接ユーカーパックの公式サイトから申し込みしても同じです。

手間も変わらないので、好きな方から申し込みして下さい。

 

オークションは終わりごろになると値段がドンドン上がって行きます。

ユーカーパックの体験談もご覧ください。

この楽しさは経験者しかわかりません。

 

下のページでは実際にユーカーパックのオークションを利用した時の流れや注意点をご紹介しているので、参考に見て下さい。

 オークションは高く売れる事もありますが、売れない事もあるので、上のページをよく見て上手に高く売って下さい。

 

 

トラブルなく売りたい人のおすすめ方法

トラブルが少ない売り方は「オートバックス査定」です。

車買取ではあまり有名ではありませんが、「査定額の5日間価格保証」があり、金額のトラブルはほとんどありません。

 

査定後によくある、しつこい営業もないのがオートバックス査定の特徴です。

しかし、査定額が通常の買取業者より安いケースが多いオートバックスですが、「持ち込みあんしん査定」といったオートバックスの一括査定を利用するとトラブルも少なく、比較できるので高く売ることができます。

 

下のページで持ち込みあんしん査定をご紹介していますので、流れや注意点を見て参考にして下さい。

 出張査定がないので店舗に行かなくてはいけません。

 

 

よくある質問

Q: ローンが残ってる車を売るには

ローンが残っている車は2種類のいずれかの登録がされています。

 

①ローンが残っていても車検証の所有者がご自分になっていれば売ることができます。

銀行系のローンで購入された車はこのタイプです。

 

②ローン会社や自動車販売店が所有者になっている場合はローンを完済させて所有権解除をしなければ売ることは出来ません。

次の車を購入するのでしたら、次の車のローンに上乗せし、手放す車のローン返済にあてることができます。

ただ単に手放す場合は、現金で完済するしかないので、多少手間が増えても高く売れる方法を選んだ方がいいでしょう。

Q: 一括査定はやめた方がいいのか

私は一括査定が1番高く売れる方法だと思っています。

一括査定をすると買取店の査定額の差は1万円~数十万円ある場合があります。

そういった実例を聞くと1社だけの査定は大きく損をすることもあると考えられます。

多少手間が増えますが、一括査定で最低でも2社と比較するのがいいと思います。

やめた方がいいという人は、「電話が多い」「しつこい」といった理由だけです。

私は、その理由で数十万円の損はもったいないように思います。

こちらのカーセンサー買取のしつこい電話の対処法も参考に見て下さい

 

 

0 0 投票
Article Rating
コメントを購読する
通知する
guest
サイトをお持ちの方は宣伝できます
0 Comments
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
End of article